FC2ブログ

山口県光市の母子殺害事件の元少年、命尽きるまで謝罪と手紙

ここでは、「山口県光市の母子殺害事件の元少年、命尽きるまで謝罪と手紙」 に関する記事を紹介しています。


Sponsored Link


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sponsored Link


山口県光市母子殺害事件で、殺人罪などに問われた当時18歳の元少年(27)の弁護団が12日、広島市中区で講演。22日に広島高裁で判決が言い渡される差し戻し審の争点を説明し、元少年が07年12月に遺族の本村洋さん(32)に出した「命尽き果てるまで謝罪を続けていきたい」という手紙の内容を紹介した。
安田好弘・主任弁護人が「1、2審の弁護団が争わなかった事実関係を差し戻し審で見直した。元少年には実質1審だ」などと話した。手紙には「生きていたいということが本村さんをどれだけ苦しめているかを知ってしまったぼくは、身の置き所がない」などと書いていたという。
また、弁護団がこの日、判決前の気持ちを元少年に聞いた際、「私にとって大事なのは判決日ではない。14日(事件当日)です」と反省の意思を示したことを明らかにしたんだそう。

これって・・・

この、元少年・・・どうも私には謝罪しているというよりか
死にたくないから、弁護団にさせている気がしてならない・・・

心から反省していれば、言葉や態度が切々とつたわるはずなのに
どうもウソっぽいといつも思ってしまう・・・
弁護団もいいかげんにしたら?と思ってしまう
現、大阪府知事の橋下元弁護士も言っていたじゃないですか
これも訴訟を起こしていましたけどね

なんか、弁護団が踊らされているように思うのは私だけ?!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。