FC2ブログ

4年前の悪夢再び・・・棟田康幸、五輪代表逃す

ここでは、「4年前の悪夢再び・・・棟田康幸、五輪代表逃す」 に関する記事を紹介しています。


Sponsored Link


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sponsored Link


この階級は、全日本選手権の結果を重視したんですね
よくわからない・・・・代表選考

棟田は準決勝で初対戦の石井に敗れた。
序盤で指導を受けた後、効果的な攻めが出ず、ポイントを挽回(ばんかい)できず時間切れ。
「自分が弱い。以上です」とうつむいた。

確かに・・・代表の座は、昨年9月の世界選手権無差別級を制し、2月のドイツ国際も優勝。
外国勢への強さをアピールし、100キロ超級の五輪代表争いで最も有力視されていた。

選考会の全日本選抜体重別では井上に負け、今回は石井に負けた。
代表選考の結果が出る前から「もうないと思う」とあきらめ顔。
予想通り、初の五輪代表石井にさらわれた。

男子日本代表の斉藤仁監督に「もっと前に攻めなきゃ」と肩をたたかれた棟田。
でもね、どうなんでしょう?
確かに石井戦は、技をかけられなかった。
もしかしたら、この試合序盤に痛めた腕が痛かったのか?
奥襟を取ろうとしたのを上手く石井が逃げたからか?
・・・じゃ、なぜ?谷亮子は先日のあの試合の仕方で代表なの?

やっぱり納得がいかない
代表の決め方をポイント制とか明確にして欲しい
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。