FC2ブログ

100キロ超級、五輪代表に石井選出は「勢いと執念」

ここでは、「100キロ超級、五輪代表に石井選出は「勢いと執念」」 に関する記事を紹介しています。


Sponsored Link


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sponsored Link


全日本柔道連盟は29日、全日本選手権終了後に強化委員会を開き、優勝した石井慧(国士大)を北京五輪男子100キロ超級の代表に選んだ。

男子100キロ超級の代表選考は、昨年の世界選手権無差別級王者の棟田康幸(警視庁)を、石井と全日本選抜体重別選手権を制した井上康生(綜合警備保障)が追う展開だった。井上は準々決勝で敗退し、棟田は石井に敗れた。石井は選考会の全日本選抜体重別選手権をけがで欠場して後れを取ったが、棟田との直接対決を制し、優勝を果たしたことが評価された。

全柔連の吉村和郎強化委員長は「棟田は直接対決で敗れたのが大きなマイナス。石井は決勝を棟田戦と全く違う戦い方をした。何が何でも五輪という執念が違う」と説明。男子日本代表の斉藤仁監督も「勝つためにどうしたらいいか考えてる。石井の勢いも買った」と話した。
確かに・・・ここ3年間の全日本柔道の決勝は、鈴木VS石井でしたからね

・・・んじゃ、全日本選抜体重別選手権は出場してなくても良かったんだ
今回だけ優勝すればいいんじゃん
って思いませんか?!
しかも世界大会での実績はなぜ今回は採用されないのか・・・?!
「勢いと執念」は素人にはわかりませんでした
石井選手の柔道は、日本柔道とはかけ離れている気がしてなりません
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。